婚活とは真剣に結婚相手を探すこと

婚活という言葉は今ではすっかり定着しました。文字通り「結婚活動」をすることを指します。

昔から人々は、結婚相手を日常生活での出会いか、またはお見合いで結婚を前提に異性を紹介してもらったりして、お相手を見つけてきたものでした。

しかし、最近の現代社会では、生活や価値観がとても多様化し、結婚したい人もいれば結婚したくない人もいたり、毎日の仕事に追われてなかなか結婚できない、といったケースも珍しくなくなってきています。

そのため、そんな状況でも結婚したい願望が強い人が、就職するための「就活」(就職活動)という言葉にならって、結婚相手を探すための活動をすることが、「婚活」と呼ばれるものです。

婚活は、相手が見つかれば終わりではありません。いざ結婚するにしても、相手の実家に挨拶し、婚約結納、挙式披露宴、新居、その後の家庭生活などなど・・人生を左右する一大イベントとも言えます。

当サイトでは、真剣に婚活をしたい人から、なんとなく婚活を意識している人まで、幅広く役に立つような情報を、適宜発信していくことを目的としています。

出会いを待たずに行動しましょう。

いつか、いい出会いがある。自然にまかせよう。

そう思っていないでしょうか?

たしかにいつかはあるかもしれません。しかし、無いかもしれません。

時間は限られています。
出会いは待っているだけでは、案外つかめないものです。

それより、自分から婚活を意識して、いろいろ行動したほうが、おそらくいいお相手が見つかる確率が高いのは間違いないでしょう。

ぜひ最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

なぜ、結婚する必要があるのか考えましょう!

あなたは今、なぜ結婚したいのか説明できますか?

子供が欲しいから?

幸せになりたいから?

身を固めたいから?

経済的なことから?

そりゃ、人それぞれいろいろあるでしょう。

とにもかくにも、まずあなたがそこを明確に分かっていないと、婚活する意味がわからなくなってしまいます。

あなたにとって、メリットが無いんだったら、べつに結婚なんかしないでいいんですから。

少なくとも、何らかのメリットがありそうだから、結婚したいと考え、何かの縁で今このページを見ておられるのでしょう。

まずは、結婚することで考えられるメリットとデメリットを意識しましょう。

しかし人間は、自分を正当化する傾向があります。自分に都合がいいように考えてしまうんです。

好きな人のことなら、多少悪い点でも、いいように解釈しようとしてきまうんです。
そんな経験は、誰でもあるでしょう?

だから、ある意味客観的に自分を分析しようとする気持ちも結構大事です。恋していないときは客観的な判断ができますが、恋している最中はそれが出来ないものなのです。