【男性】声をかけられない

女性に声さえかけられない男性が最近は非常に増えてきました。恋愛について「草食」「受け身」の男性が多いのです。海外の男性は女性に対し熱烈にほめたた えアプローチするので、海外旅行に行った日本人女性が普段日本人男性からそんな熱いアプローチに慣れてないので簡単に恋に落ちるケースも多い。
日本でもバブル期あたりでは若い男性はアッシーなどと言われながらも一生懸命女性を口説こうとしたものです。トレンディードラマがもてはやされ、恋愛教本が競って出版されたり、クリスマスにホテルの予約は満室になったり。
しかし正確にいうとそれは一時期だけの話で、日本人男性はもともと昔から女性に積極的ではなかったかもしれません。ただ誰でもいわば自動的に結婚できるような仕組みだったので昔の男性はいずれにせよ相手は見つかっていました。
面白いのは、仕事において商談先では素晴らしい営業トークができるのに、女性の前にでるとあまり話せなくなる男性がいることです。男性社会に長くいると生 身の女性と接する機会が少なく、いつまでたっても女性とうまく話せないのでどんどん声がかけられなくなって、どんどん恋愛引きこもり状態に陥っていく。こ のような男性は女性からアプローチでもされない限り、なかなか自分の殻を破ることができません。ではそのような男性は風俗にでも行くのか?というと、風俗 さえも行くことができない。
つまり交際を申し込んで断られる怖さ、いやな思いをする怖さを味わうくらいなら性欲などどうでもよい、そのような変なプライドが自分でも気づかぬうちに邪魔をしているケースが多いのです。
声をかけられない男性は、まずそのプライドを捨てる必要があります。婚活パーティーに行っても、最初の全員会話タイムは強制的なものなので話すものの、フ リータイムになると声をかけられないのです。声をかけて冷たくされたらどうしよう、と考え、なぜか一人でオードブルをつまんでいる。
しかし考えてみてください、そのようなプライド、何のメリットがあるでしょうか。パーティーが終わった後、後悔しか残りません。女性から声がかかるのを待つのでしょうか?まあかかることもありますが、なかなか女性からアプローチしてくるものではありません。
逆に言うと、そのほんの少しの一歩踏み出す勇気を持つ男性は、間違いなく女性といい思いができるチャンスが増大します。多少ルックスが劣っても、お金が無くても、女性に一声かけられる男性のほうがモテます。
また、女性に慣れていない男性は、ごく稀にある女性からのアプローチの兆候に気づけないという、大変もったいない側面もあります。女性は男性にアプローチ するとき、ストレートに交際を申し込んではきません。ささいな行動で気づいてもらおうと根回しするのです。ところが男性はもともとそういうのに鈍感なうえ に、さらに女性経験が少ない男性はなかなかこれに気づかない。
まずは声をかける勇気を持つことから始めましょう。必要なのは「一歩踏み出す勇気」だけです。

Follow me!