【男性】女性経験が浅いのに面食い

男性の出会いは、環境による影響が多分にあります。環境というのは、「周りに女性が多いかどうか」ということです。
たとえば男ばかりの兄弟または一人っ子で、通っていた学校は男子校、そのまま理系の男性比率の高い職場に就職して、という人。または学校は共学でも引っ込 み思案で女性と付き合う経験もないまま、やはり男性の多いごとに就く人。このような環境に入ってしまうと、社交的な人はそれでもどこかで出会いを見つけま すが、そうでない人は自分から相当な婚活でもしない限り、なかなか女性と付き合うところまでいきません。そのまま女性と縁のないまま年齢だけ重ねていく人 は最近珍しくありません。
結婚相談所にくる男性にはやはりこのような方がかなり多いようです。皆さんとても真面目なタイプが多いのですがいかんせん女性と知り合う機会に乏しく、女 性と仕事で昼食をとることさえ無かったりします。同じ男性でも独身女性が多い職場にいる人との差は歴然としてしまいます。
ここで大きな問題なのは、女性経験に乏しい男性ほど、女性の容姿にこだわる傾向が強いことです。もっとも男性全体もそのような傾向にありますが、婚活パー ティーや合コンなどではやはり見た目のかわいらしい、スタイルの良い女性に人気が集中し、ライバルが多くなってしまいます。こうなると女性経験の浅い、 引っ込み思案な男性は不利になってしまいます。
ちなみに女性がわの男性の好みは非常に多種多様にわかれる傾向が強いようです。ある女性たちが話すところでは、読者モデルくらいの見た目が好きだが、しか し何回も出ているのではなく一回しか出てないくらいの人、あまりイケメンすぎる男性はライバルが多いので、あえてそこに参戦はしないと言います。女性のほ うが、似たもの同士とか自分に見合うタイプ、総合点で相手を選ぶ傾向があるようです。このように男性が見た目で女性を選ぶ傾向に対し女性もどんどん外見を 美しくしているので、カップルの成立の妨げとなっている面も否定できません。
さてこのように結婚できない男性が見た目にこだわり続けるとどうなるでしょうか?見た目綺麗な女性はライバルが多いのでなかなか自分のものに出来ず、それ を繰り返しているといつまでたっても女性経験値が低いまま。そうするとますます女性の扱いが分からず逃げられてしまうという悪循環になってしまいます。
それでもあきらめず綺麗な女性へのアタックを継続できる男性はまだいいのですが、草食男子といわれる単語が出現している現代、男性のがつがつした積極性は 落ちています。気の弱い男性は、テレビや雑誌に登場するアイドルなどに意識が行ってしまい、生身の女性との交際をあきらめてしまうようです。
このような点に心当たりのある男性は、まず生身の女性と話したり声をかけたりする機会を多く持つよう心掛けましょう。それこそいつも行くコンビニの店員の子でもなんでもかまいません。常に女性のいるところに顔を出していれば女性から声をかけてくることもあります。
おススメなのは婚活パーティーに参加することです。こうするととりあえず数多くの女性と話しができます。対してお金もかかりません。最初から理想の相手を見つけようと気負わなくてもよいのでいろいろ話してみれば、女性の性質も少し分かってくるでしょう。

Follow me!