メールはどう書くか

相手がいかに返信をしてくれるか。返信をしたくなるような楽しく明るいメールにしましょう。
基本的には、自分の話、相手の話への感想、相手への質問、この辺をバランスを考えて。自分の話ばかりしすぎてもいけませんし、相手への質問ばかり立て続けに並べるのもよくありません。
メールの文末を相手への質問で締めくくると、返信率が高くなるでしょう。

最初のメールの書き方

挨拶と自己紹介

メールの冒頭は、簡単なあいさつと、名前(ニックネーム)を名乗る一文から始めるのが無難です。2回目以降のメールなら、それなりに簡略な感じでもかまいません。
居住地や仕事なども簡潔に付け加えるとよいでしょう。

相手に興味を持った理由

必ず事前にその人のプロフィールに目を通し、感想などを述べて、「あなたに興味を持ちました」という旨を伝えます。
複数の相手に同じ文章をコピーして送らないようにしましょう。

メール交換を申し込む

「よろしければ、メッセージの交換をしませんか?」と、メール交換を申し込みます。

ここまでをなるべく簡潔にまとめ、送信します。初回なら、あまり長い文章よりも短い文章のほうが、相手も気軽に返せることでしょう。

2回目以降、やり取りを長続きさせるために

挨拶

2回目以降も、冒頭にあいさつくらいは書きましょう。まだ恋人ではないので、礼儀のような部分は大事にしたほうが相手からは好印象です。

本文

相手からもらったメールに関する感想や質問をなるべく優先して書き、自分の近況などは短めに書きましょう。相手に興味を持つ姿勢のほうを少し強めにするのです。
メールの文末は、基本的に相手への質問で締めくくりましょう。そうすることで、相手は返信をしやすくなります。
ただし、質問は1メールに1つ、多くても2つにとどめましょう。
○○は?○○は?○○は?と、いっぺんに聞かれても、相手は重荷に感じてしまいます。(それに、小出しに質問したほうがメールが長続きしますよね^^)

「報告するだけメール」はNG!

たとえば「明日は朝から会議・・・おそらく長くなりそうです」とだけ送っても、受け取ったほうは「それで?」って感じです^^;(すでに恋人同士ならそれでもいいのですが)
メールは「相手が返しやすい」ように。

「暗い」「マイナス思考」メールはNG!

どんなことでも前向きに表現しましょう。
たとえば「今日は朝からジメジメした天気ですね。気分まで滅入ってきそうです・・」
なんて送ってこられても、受け取ったほうは何と返していいものやら><

男性の絵文字・顔文字って?

絵文字・顔文字は、感情が分かりやすく表現できて良いのですが、男性の方は使いすぎに注意しましょう。(ケースバイケースですが)

例えばハートマーク。女性が絵文字をよく使うから、それにあわせたつもりで男性も使ってしまうかもしれません。しかし女性から見ると結構「サムイ」と感じているかも。
男性は「優しさ」と「男らしさ」の区別を慎重に。

すぐ返信をしない余裕

以外かもしれませんが返事を待つほうは、なかなか返信が来なくて「あれ、どうしたのかな?」と心配になったくらいのタイミングで返信がくると、「キタ━(゚∀゚)━!」と嬉しさが倍増するものです。
いつも即返信していると、「この人、暇なのかな?」と思われるかも。ちょっとじらす余裕も時には持ちましょう。(ただしいつも遅いのはダメです)

Follow me!