共働き希望なのに家事が苦手な男性

独身女性の多くは結婚後自分がどうありたいか、つまり家庭に入るか仕事を続けるかということに、あまりこだわりを持っておらず、どちらでも大丈夫な人が多い。それなのになぜ結婚が遅れるのでしょうか。それはどこかに結婚後の男性の生活力への不安があるからです。
第二次ベビーブーム期に生まれた世代、つまり30代後半以上の独身男性は、料理や掃除洗濯などの家事全般が得意ではありません。もし女性が結婚後も仕事を 続けたい場合は男性も家事を分担してしなければなりませんが、この辺の世代は母親が専業主婦で父親は外に働きに出てあまり子育てに参加していません。親を 見て家事というのは母親がするものだという意識が刷り込まれていますし、親のほうも男の子に炊事洗濯のしかたなど教えてなんかいません。親も子も、男性が 家事能力を身につけるべきだという意識がなかったのです。
ところが最近では不景気のせいもあって、女性が外に出て働くことを否定する男性は少ないですよね。自分の稼ぎに自信がないので、奥さんも働いてくれたらい いなと考えているものです。ところが問題なのはそれでも男性のほうに「家事全般」をやらなければという意識はまだまだ昔のように低いままです。女性はそこ が少し不安なのです。
また、子育ての面でも女性が基本はするものだという、依然として古い観念がまだ根強く残っています。もちろん男性も手伝う意識くらいはあります。しかし社 会的にも、男性が育児休暇を取るということにまだ違和感を覚える職場や当人の雰囲気だったり昔ながらの固定観念が、男性の子育てへの参加を妨げている面が あります。
婚活中の女性はそういう独身男性の「共稼ぎしてほしいが家事子育ては女性にしてほしい」という本音を感じ取っているので、じゃあ結婚するなら男性はせめて高年収を稼いでほしい、と結局なってしまうのです。

Follow me!