対等な夫婦関係が必要な時代

昔ながらの、男が外に稼ぎに出て、女が家庭を守る、という結婚形態が実現できるほど、最近は男性の稼ぎが多い時代ではありません。
このような不景気な時期を生きてきた最近の独身女性たちもその辺は理解していて、結婚するなら自分たち女性もしっかり稼いで、家事や子育ても男女平等にし たいと考えています。しかし男性のほうに女性にも稼いでほしいという考えが広まっているかというと、そう考える男性はまだ少ないようです。つまり昔ながら の夫婦像の固定観念がまだ残っています。
特に日本の男性は世界各国から見てもたいへん女性へのサービスが不得手なようで、まあサービスといってもちょっとしたことですが、奥さんのトークに付き 合ってあげる、いろいろ褒めてあげる、重い荷物を持ってあげる、といったことをきちんとしてくだけでも夫婦関係は良好な状態が維持できることでしょう。ま た家事はもちろん育児にも積極的に手伝う意識が必要です。結婚という共同生活を幸せなものにするために、ぜひ協力してほしいところです。
また男性はもうひとつ、女性にも稼いでもらう、という柔軟な考えを持っていいと思います。やはりどこか男のプライド的なものもあるでしょうが、そこを柔軟な思考で受け入れた方が現代は幸せな結婚生活が送れることでしょう。

Follow me!