思い通りに結婚できない時代

最近では30代でも独身の人も全然珍しくありません。結婚適齢期のお子様を持つ親御さんたちがみな一様に思うのは、「最近は結婚年齢が遅くなったのでは」ということではないでしょうか。
親御さんたちの年代では、結婚しない人はあまりいませんでしたし、結婚する年齢についても、みな大体同じような年齢、20代後半までには結婚していたもの です。しかし最近では間違いなく初婚の年齢は高くなってきています。また最近の新しい傾向として、10代などかなり若い段階での「おめでた婚」も増えてき ています。
このように結婚はみんな大体同じような年頃になるとするという定型的なものではなくなってきました。早い人もいれば遅い人もいるという状況です。ただ全体的にはやや遅めになっているといっていいでしょう。これが晩婚化といわれるところです。
そしてもう一つ、結婚自体していない独身の人が急増しているのです。最近では50代男性でも結婚できていない場合さえあります。問題なのは、これらの人は 結婚しないのではなく「できない」ことにあります。結婚年齢がばらばらになってきており、男女のありかたもかなり自由度が増している昨今、自由であるがゆ えにかえって自分のおもいどおりのタイミングで結婚できなくなってきています。これが結婚したくてもできない非婚化といわれるところです。
このような傾向は就職活動というものが盛んになってきたと同時に進行していると思われます。結婚も自由になればなるほど、思い描いた人生設計がしにくくな る、あくまで統計的な話ですが、このように晩婚化、非婚化が進み、積極的な活動をしなければいい結婚が見つからない時代に入ってきたと言えます。

Follow me!