男性に稼いでほしい女性

結婚できない女性で割と多いタイプとして、昔ながらの夫婦像、つまり男性が自分のぶんまで稼いで、自分は家事や子育てに専念、といったかたちを望む女性は結婚が遅れやすいようです。「結婚して家庭に入りたい」といったところでしょうか。
なぜ、夫に自分のぶんまで稼いでほしいかといいますと、女性は出産という一大イベントがあり、子育ても含めたその間は満足に仕事ができません。なのでその ぶん男性に稼いでもらいたいということです。このご時世ですし、子育てと仕事の両立に理解を示す企業もなかなか少ないのも事実でしょう。
では、それくらい年収があって独身の男性っているのでしょうか?実際にはごく少数しかいません。それはよく考えてみれば当然のことで、それくらい年収のある男性はいますが既に結婚しているのです。言いかえれば他の女性にとっくの昔にとられているのです。
このようにして、経済的に余裕のある男性を探しながら事務職などで淡々と働いている独身女性の婚期はずるずると遅れてしまう、という構図が見えてきます。 いまどきの婚活女性は、男性の経済面をあてにしすぎず、当面は共働きで貯金をしていこうという計画を持っていったほうが時代に合っているかもしれません。

Follow me!