「結婚はご縁」というのは間違い

独身の人は、周りから結婚しているかを問われて、まだだと答えると、「そうなんだー、まあ、結婚はご縁だからね」なんて言われたこと、一度くらいはあったのではないでしょうか。

しかし、この「結婚はご縁」という考え方、なんとなく合っていそうな気がしてしまいますが、この楽観論こそ、結婚を遠ざける要因にもなってしまいます。

「結婚はご縁」と考えるということは、婚活なんてしなくてもそのうち縁のある人が現れる、自然に結婚できる、と考えることにほかなりません。

つまり、恋愛に対して最初からとても消極的な姿勢になってしまいます。全力で恋をしようということを放棄しているから、どこかに、傷つきたくない、無理して恋愛したくない、という自己防衛な気持ちが隠れています。

もちろん、本来はそれでも良かったのです。高度経済成長期、男女は一斉に就職し、会社が集団見合いの場のようなところでもありました。もしくは親や親せき、近所の世話好きな人が、いい人を紹介してくれたりもしたことでしょう。婚活なんて言葉はありませんでした。

しかし人々の生活サイクルが多種多様になった近年、恋愛や結婚の機会を逃してしまう男女がとても多くなってきました。とても「ご縁」だけで結婚ができる時代ではありません。

婚活を真剣に考えるなら、ぜひ待つ姿勢をやめて、恋愛に積極的になるようにしたいものですね。

Follow me!